精力剤=レビトラ?

精力剤=レビトラ?

レビトラは精力増強剤ではなく、れっきとした医薬品としての精力剤です。ED治療薬に分類されるものであるため、クリニックに行って処方してもらう必要があります。

レビトラは、バイアグラによって生じた薬としての問題点を改善するために開発された医薬品です。バイアグラの欠点は、空腹時に服用しなくてはならないことと副作用が強い事でした。

バイアグラの副作用が強いことは有名だったのですが、特に食事との相性が悪いというデメリットがありました。

ED治療薬というのは、人間の血中濃度に作用して効果を発揮する薬であったため、同じように血中濃度に大きく左右する食事との相性が悪くなってしまうという側面があったのです。

こうした問題点を解消するためにレビトラは開発されました。このED治療薬のメリットは、一定のカロリーの範囲内ならば食事を摂取しても薬としての効果を半減させることがない点にあります。

また、即効性が存在するのも大きな利点です。普通は、ED治療薬を服用してから1間程度は必要になるのですが、この薬は服用してから30分程度で効果が効き始めます。

しかも、持続時間が非常に長くて5時間から10時間は効果を持続させることが可能です。また、こうした医薬品としての精力剤は対象を限定しないという大きなメリットもあります。

バイアグラの場合は、他の薬との相性も悪かったことから既に身体に何らかの疾患を抱えている人はこうした薬を服用することができない側面がありました。

、バイアグラの成分を参考に後発的に開発された薬に関しては、こう言ったデメリットが解消されて一部の疾患に関しては薬を服用できるようになったのです。

では、精力剤に含まれない製品とレビトラの違いは何なのでしょうか。それは、医学的に勃起不全の効果が存在するかどうかという点にあります。コンビニやドラッグストア、または通販で購入できる薬は確かに気軽に入手できますが、それに反して客観的な効果を期待できるわけではありません。

精力剤と精力増強剤は異なりますので、医薬品として利用するレビトラは間違いなく医学的な効果を発揮します。それだけではなく、こう言った根拠のある精力剤は全く下半身が動かなくなってしまったような、身体の不調が存在する人に対しても効果を発揮できます。

性的な刺激と興奮さえあれば勃起を促すことができるため、ED治療薬としても非常に高い効果を期待できるでしょう。